おかげさまで5号即日完売!
完売記念として6号予定年利に+0.5%決定!1月中に6.8%で登場!
おかげさまで5号即日完売!
完売記念として6号予定年利に+0.5%決定!1月中に6.8%で登場!

募集終了|完売
わかちあいファンド日野

募集期間
2020/12/24 12:00 〜 2020/12/24 12:01
  • わかちあいファンド日野
  • わかちあいファンド日野
  • わかちあいファンド日野
  • わかちあいファンド日野
募集金額(優先出資枠)
¥8,000,000 /¥8,000,000(80口)
100/100
予定年分配率
7.1%(税引前)
予定運用期間
12ヶ月 (2021/2/1 〜 2022/1/31)
募集単位
1口10万円〜(最低口数:1口〜)
配当サイクル/初回分配予定日
年1回(2022年2月15日)
おかげさまで、完売いたしました。

※お申込み前に必ずお読みください。

投資シミュレーション(1年後)
予定金額 万円
  • 試算数値はあくまでもシミュレーションであり、将来の成果を約束するものではありません。
  • 銀行定期はメガバンク数行の定期預金(1年)のデータをもとに比較しています。
  • シミュレーションの結果は概算値です。
  • 2037年12月までの税金(源泉税)には、復興特別所得税が含まれます。
わかちあいファンド 銀行定期
税引前収益
△税金(源泉徴収)
税引後収益
物件概要
周辺案内
販売後の
分譲イメージ

キャピタル型について

キャピタルゲイン型の 5 号ファンドは物件の売却益により出資元金と分配金が償還される商品です。
ファンドで集めた資金により対象物件を購入。整地して境界確定、区割りなどを行ったうえで、2 区画の分譲宅地として販売いたします。
今回は土地のみが投資対象物件となり、運用期間は物件が売却されるまでの数ヶ月~1 年の期間を想定しています。
月々の家賃が発生しませんので償還日までの分配金はなく、償還された段階で契約が終了します。
短期間で元本と配当の回収が見込めるため、早めに手元に資金が戻ってきてほしい方におすすめのファンド商品となります。

キャピタル型について
物件名称 わかちあい日野
所在地 滋賀県蒲生郡日野町大字大窪680番地、他
区画 2 区画
土地面積(公募) 710.73 ㎡(214.99 坪)2 区画に分筆予定
建ぺい率 60%
容積率 200%
用途地域 第一種住居地域
投資に関する権利 所有権
アクセス 近江鉄道 日野駅 車約8 分
周辺施設 近江日野商人館 徒歩5 分
日野町立日野小学校 徒歩8 分
日野町立日野中学校 徒歩18 分
スーパー「フーズアイランド日野店」徒歩13分
ファミリーマート日野町河原店 徒歩11分
5号ファンド「わかちあいファンド日野」

取り扱い商品は日野椀や合薬

日野町は滋賀県南東部にあり、江戸時代には近江商人の発祥の地として栄えました。滋賀を代表する近江商人の出身地には五箇荘や近江八幡、高島などがありますが日野商人は中でも代表的な存在といえます。取り扱った商品は初期には当地で製作し漆を塗った「日野椀」。使い勝手が良く安価であったため関東地方にも広まりました。中期には正野玄三により「萬病感應丸(まんびょうかんのうがん)」と命名された合薬が創り出され、さまざまな病気に効果があると評判になりました。軽くてかさばらず利幅が大きかったため、やがて日野椀に代わる主力商品となりました。

5号ファンド「わかちあいファンド日野」

近代的な経営手法

資金を蓄えた日野商人は東北・関東地方を中心に酒・醤油・味噌などの醸造業を興します。醸造業は多額の初期投資資金が必要になるため、日野商人はほかの商人と資本金を出し合って共同で経営する「乗合(のりあい)商い」を好んで用いました。出資額のみの有限責任を負う近代的な考え方で、リスク分散の観点から優れた方式です。
また日野商人は各地の出店を正しく管理するため「店卸帳(たなおろしちょう)」と呼ばれる帳簿を用いて決算を行いました。この決算方法は現在の複式簿記とほぼ同様のきわめて先進的なものでした。

5号ファンド「わかちあいファンド日野」

組合組織で助け合う

日野商人は「日野大当番仲間」と呼ばれる商人組合を組織しました。これは会費制で誰でも加入でき、大きな特典が二つありました。一つは定宿の利用。宿場の特定の旅籠(はたご)と契約して、鑑札を持参すれば宿泊や休憩に利用できるようにしました。商品の託送ができたり、組合員同士で情報交換ができたりする場所として重宝されました。もう一つは運送業者の利用です。飛脚業者や船問屋などと契約して、加入者が提携料金で利用でき、荷物紛失時の補償などを取り決めていました。このような取り組みはほかの近江商人には見られなかった特長です。

5号ファンド「わかちあいファンド日野」

感謝の気持ちと社会貢献

近江商人として最大の資産を残したといわれる中井源左衛門家の初代光武は遺訓を残しています。「金持商人一枚起請文(きしょうもん)」と呼ばれ、後世の近江商人に大きな影響を与えました。この中で光武は、金持ちになるには酒宴遊興におぼれることなく、長寿を心がけ、倹約第一に商いに励めば成功すると説いています。加えて、家業が永続していくには「陰徳善事(いんとくぜんじ)」を行うことが最も大切だと強調しています。商いで得た利益で贅沢な暮らしをするのではなく、世間への感謝の気持ちを忘れず社会に還元していくことで、子孫にもめぐまれ、家が代々まで繁盛していくと考えたのです。

5号ファンド「わかちあいファンド日野」

「三方よし」

日野商人は地域の神社仏閣に造営費などを惜しみなく寄進したほか、飢饉・凶作・火事などの災害時には、被災者や困窮者に金銭や米、生活用品などを提供しました。幕末の混乱期に各地で打ちこわしという暴動が起こりましたが、日野商人の出店だけは打ちこわしを免れたというエピソードがいくつも語り継がれています。このことは陰徳善事の精神に基づいて展開された日野商人の商いが、地域の人々に高く評価されていたことを示しています。近江商人の経営方針はのちに「三方よし」と呼ばれるようになり、自分よし、相手よし、世間よしの精神は現代の多くの会社の社是・社訓に引き継がれています。

販売後の分譲イメージ
販売後の分譲イメージ
販売後の分譲イメージ
販売後の分譲イメージ
販売後の分譲イメージ

株式会社日本プロパティシステムズは、
おかげさまで20周年を迎えることができました。

いますぐ
はじめる