人生100年次代に向けた 不動産小口商品 

安定した賃料収入をベースとした配当の仕組みにより、安心して不動産投資を行っていただけるよう
お客様の資産運用をサポートします。

人生100年時代の資産運用 わかちあいファンドとは

弊社は地方創生の一端を担いたい、湖都大津から地元滋賀や京都を元気にしたいと、不動産特定共同事業者として名乗りを上げ、令和の始まりとともに第一歩を踏み出しました。出資者の皆さまとともに地域社会の発展に貢献し利益をわかちあいたい。
その思いを込め、弊社が販売する不動産ファンドを「わかちあいファンド(※商標登録申請中)」と名づけました。
この不動産ファンドは商業ビルなど不動産からの賃料収入を配当原資としていますので、次の3つの大きな特長があります。

01

預貯金より高い
「収益性」

02

株式投資より高い
「安定性」

03

実物不動産投資より高い
「流動性」

人生100年時代の資産運用として、公的年金とは別に、自らが運用する投資商品として、弊社が自信をもってお勧めするわかちあいファンドを、ぜひ、ご利用ください。安心して不動産投資を行っていただけるように、努めてまいります。

不動産投資関連セミナー動画公開中!

不動産鑑定士 村木 康弘氏

不動産鑑定士として全国の不動産を評価。
企業や個人投資家の不動産顧問を務める。
数多くのセミナー講師を担当。分かりやすい話ぶりが好評。

宅建建物取引士 古沢 喜一朗氏

宅地建物取引士。
滋賀大学経済学部卒業後、滋賀銀行を経て、現職。
ファンド事業の許可申請の実務。ファンド商品の広報を担当。

わかちあいファンドからのお知らせ

わかちあいファンドスタッフブログ